こころのSOSに応えます!あなたへの処方箋

こころ悩めるあなたへ贈る、ユカからの処方箋です

はじめまして

数年前、私の知っている方が重い鬱病にかかってしまいました。その人のためにも私に何かできることはないかと思ったのがきっかけで、それをこのように夜な夜なしこしこと(?)文章にしたためることといたしました。

 

私は中学3年生のときに鬱病を発症しました。特に21歳頃、現実にありえないような奇妙な体験をし、それもあってか22歳のときに統合失調症と診断されました。

(そのことについては、おいおいどこかで触れられたらと思っていますが、とりあえずここではまだ話すべきではないと思うので、今はまだ話さないでおこうと思います。)

さらに最近は何人かの知人に、統合失調症というより、むしろ発達障害なのでは」と言われ( 元々あまり統合失調症には見えないようです )、近日中に発達障害の検査を受ける予定です。(注:ファッキン・コロナのせいで、延期になりましたが (-_-メ))

 

これまでもちろんつらいこと、苦しいこともたくさんありました。しかしそれでもどうしたら少しでも毎日をよりよく過ごせるかということを常に考えて、日々暮らしてきました。もちろん毎日良いことばかりではありませんよ。しかし幸い、今現在はだいぶ病気の症状も落ち着き、日々平穏無事に暮らすことができています。単純に病気の症状が落ち着く年齢を迎えたということもあるのかもしれませんが。それプラス日々のこころがけや、よい生活習慣を保つことで、何とかこうして安定した生活を送れているのだと思います(しみじみ)。

 

そこで持病や障がいを抱えながらも、日々平穏無事に暮らしていくための知恵やライフハック、また自分を落ち込ませないようにする考え方などを紹介したいと思いました。人それぞれに悩んでいることは違うと思うので、本来は一人一人に対して個別のアドバイスを差し上げたいところです。しかしそれは難しいので、とりあえずこのブログに全部をまとめてぶっこむことにします。(もし取り上げてほしい話題がありましたら、コメント欄にてお知らせください。可能な限りお答えする予定です。)

 

このブログでは、特に精神疾患などは患っていないけれど、なんとなく落ち込みやすくて、毎日を明るい気持ちですごすことができなくなってしまったという人、または発達障害やこれといった理由はわからないけれど、生きづらさを抱えている人、それから私のように重篤精神疾患鬱病双極性障害統合失調症など)にかかってしまったという人までを対象にしています。私の経験が、少しでも皆様のお役に立てるならば幸いです(*´ω`*)

 

Written by ユカ@コーヒー