こころのSOSに応えます!あなたへの処方箋

こころ悩めるあなたへ贈る、ユカからの処方箋です

どうしてもやる気がしないなら、やらなくてもいい方法を考える

やりたくないことは山積み

やりたいことは思いつかないけど、やりたくないことはいくらでも思いつく。そんな人も多いのではないでしょうか。(何を隠そう、私もそう(笑))。もちろん学生の人であれば、勉強をしなければなりませんし、社会人であれば、毎日仕事をしなければなりません。そして主婦であれば家事を、親であれば子育てをしなければなりません。人生では普通に生きていれば、やらなければならないことは山積みです。もちろん普通の健康状態、精神状態であれば、こなせることはこなしたほうがよいと思います。(いたって正論)。

 

怠けているわけではない

しかし普通の人だったら何とかこなせるかもしれないことでも、病気や障がいを抱えている人には、それが何倍、何十倍も大変に思えるときがあると思います。普通の人には難なくこなせることなので、何でそれができないのか、ただ怠けているだけなのではないか、と思われてしまったり、自分でもそう思えてきてしまったりすることもあると思います。(そんなことはないんだけど)。

 

それでもからだに鞭打つと・・・

しかし断言しますが、それは違います。(絶対に!) 病気になると、気持ちが乗らないばかりか、からだがずっしりと重くなったように感じられます。ひどい場合には、やりたくない気持ちは、吐き気、頭痛、腹痛、めまいなどの身体症状になって現れます。(ヤバいよヤバいよ!)そうなってしまったら、それはやらなくてはいけないどころか、逆にしてはいけないことだというサインです。そのやりたくないことをすることによって、あなたには想像を絶するほどの負荷がかかっているのです。そのためもうこれ以上自分には無理だと、からだのほうがSOSの悲鳴をあげているのです。

 

やらなくてもいい方法を考えよう

やりたくないことは、いっそやめてしまいましょう(!) やりたくないことを無理してやるのではなく、どうしたらやらなくて済むか考えましょう。人に任せたり、お金を払って代行業者に頼んだり、考えようによってはいくらでも方法はあると思います。(自分でどうしても思いつかなければ、Google先生の出番!)それでもどうしてもやらなければいけないのなら、自分にとってできるだけ楽にできる方法を考えます。少しでも自分自身が楽になる方法を考えていきましょう。(無理は禁物)。

 

Written by ユカ@コーヒー