こころのSOSに応えます!あなたへの処方箋

こころ悩めるあなたへ贈る、ユカからの処方箋です

自分を大切にする――自分を大切に扱うことで得られるものとは?

私も自分のことを大切にしてこなかった

このブログの中で散々、「大事にしてください」とか、「大切にしてください」というような言葉を言っている私ですが、これまで自分のことを大切にしてきたかと言うと、決してそうとは言えません。(あらま(*_*;)

数年前、好きだと思った人と一瞬うまくいきそうになったのですが、私が相手の気持ちを誤解したのがきっかけで仲がこじれ、結局うまくいかなくなってしまいました。(無念すぎる(+_+))その人から最後に聞いたのが、「結局自分のことを愛していないから、他の人のことを愛せないんだ」というようなことでした。(それは常套句だけれども('Д'))

 

大切にする気持ちが足りていなかった

「自分のことも、相手のことも、愛していなかったわけではない」と、そのときは思いました。しかしよくよく考えると、やはり相手のことや自分のことを大切にする気持ちが十分たりていなかったと思い、あとで悲しい気持ちになりました。

その後、もう一人別な人とも付き合いましたが、結局私のことを全然大切にしてくれない人だったので、結局すぐに別れてしまいました。(男運がないと言えば、それまでなんだけどさー( ;∀;))

 

中古車と同じ扱いを受けていた私

車にたとえてみると分かりやすいですが、壊れかけてボロボロの中古車では、事故に遭っても惜しくないと思われるのに対し、ピカピカの新車ですと、傷一つつけたくないし、きちんと洗車したり手入れしたりしようと思われます。それは人間にも同じことが言えます。自分のことを大切にしていなかった私も、きっと相手から中古車のように扱われてしまっていたのだと思います。(中古車というより、まるでボロ雑巾(T_T)/)

 

自分を大事にする感覚を取り戻せ

その後、「私はこの先どうしたらいいのだろう?」としばらく考えていましたが、やはり自分のことを大事にするという感覚を取り戻すことで、ほかの人を大切にし、逆にほかの人からも大切にしてもらうという経験を積んでいくしかないという結論に至りました。

 これまで自分が関わって傷つけてしまった人、大切にできなかった人に対しては、本当に申し訳なく思っていますし、後悔もしています。しかし私がこれから関わっていく人のことは、できる限り大切にしていきたい、少なくとも大切にしたいという心がけでいることが大事だと思うようになりました。

 

その後の話

この話には、まだ続きがあります。(今回自分の話ばかりでスマン( ;∀;)でももうちょっとだけ我慢して!)その後、私はまた別の人と付き合いました。(いったい何人出てくるんだ?)その人は私のことをお姫様扱いしてくれる人でした。(パチパチ)。そこまではよかったのですが、しかしそのうちに彼は「ユカがいなくなったら、俺は生きていけない」「絶対に他の男に目移りしないでくれ」などと言い出すようになりました。それはそれで耐えきれなくなってしまった私は、わずか2か月半でその人ともさよならしました。( 恋愛関係がことごとく続かないユカ( ;∀;))。大事にしてくれれば、誰でもよいというわけではないということを学びました。(当たり前だ(苦笑))

 

まとめ

私の経験を踏まえても、自分のことは、大切にできればできるほどよいと思います。あなたもボロ雑巾や中古車扱いではなく、人間扱いされるほうがいいですよね? そこで自分で自分のことを、ボロ雑巾や中古車扱いするのはもうやめて、これからは人間扱い――できれば、お姫様王子様になったつもりで暮らしてみてください。(大袈裟だけど、冗談ではない(;'∀'))きっと他の人からの扱われ方も変わってくるはずです。

 

Written by ユカ@コーヒー