こころのSOSに応えます!あなたへの処方箋

こころ悩めるあなたへ贈る、ユカからの処方箋です

コミュニケーションをとることの重要性――人と会って話すことの効用について

日常で人と会っていますか?

友達を多く作る必要はないとは思いますが、日常的に人と会うことは大切だと思います。今の世の中は、一人で楽しめるゲームやアイテムなども充実しているので、とくにニートやひきこもりの人など、人と全然会わずに生活しているという人もいるのかもしれません。(それはそれで否定はしないけども)。

 

人と会うのが苦手だった私

私自身も思春期のころは、人がすごく苦手だったので、もう定職には就きたくないと思い、文筆家というか、物書きを本気でこころざした時期があります。悲しいことに、ほとんど才能がなかったので、その夢はかないませんでしたが。(無念(+_+))

そしてひきこもりというか、ニートだったこともあり、その後社会に出るのは、すごく勇気がいりましたし、社会に適応するのも一苦労でした。いまだに適応できているかは定かではありませんが、それでも何年かかけて、苦手意識は少しずつなくなってきました。(要は慣れっすね)。

 

世界人類が滅びればいい?!

特に心を病んでしまっている人で、人が大好きだという人はなかなかいないと思います。むしろ人なんて嫌いだし、世界人類が本気で滅びればいいと思っている(言いすぎ?)ような人もいるかもしれません。たぶん人間関係で苦労されてきたのでしょう。(本当に大変だったね(+_+))。

しかしあなたを傷つけたのも人かもしれないですが、またあなたのことを助けてくれるのも同じく人だと思うのです。大好きなアイドルや歌手やゲームのキャラクターなどがいるから、人とは会わなくてもよいと思う人も多いかもしれません。しかしそのようなバーチャルな体験は、生きたリアルな体験にはかなわないと思うのです。(これは本当)。

 

だんだん馴らしていこう!

もし人と会うのがどうしても苦手なら、病院だったり、デイケアであったり、地域の支援センターなど、比較的自分にとって敷居が低いところで気持ちをならして、少しずつ苦手意識をなくしていけばよいと思います。

いきなり恋人や友達を作る必要はなく、その場に少しいるだけでも十分です。とくにひきこもりの人などにとっては、家から出られただけでも、十分大きな一歩です。どうしても外に出られない場合は、NPOなどの電話サービスを利用してみてもいいと思います。(いきなりでなく、徐々にね)。

 

 

人と会うことはなぜ大切か?

人に会うことの重要性を示す一つの指標があります。特に日本人の男性は、妻が亡くなってしまうと、その先の寿命が短くなる傾向があるそうです。この理由には諸説ありますが、ひとつにコミュニケーションをとる相手がいなくなってしまうことが挙げられると思います。(ヤバいね)。

女性に比べると特に男性は、コミュニケーションに対して、積極性に欠ける印象があります。ですが、このような理由から、ぜひ男性もコミュニケーションに対して、もっと積極的になってほしいと思います。(がんばれ!)

 

 

まとめ

人はときには冷たいし残酷ですが、その反面、優しさや温かさもあります。どちらも同じ人のなせるわざなのです。少しずつでも、自分にとって心地よくすごせる場所を増やしていけるとよいですね。

 

Written by ユカ@コーヒー